smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
recommend
フィルムコミッションガイド
フィルムコミッションガイド (JUGEMレビュー »)
長島一由
遂に発行された、現在国内唯一のフィルムコミッションと地域活性に関する情報をまとめた書籍。著者の長島一由氏は元逗子市長。FCについて知りたい人は是非ご一読を
recommend
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955 (JUGEMレビュー »)
山里 将人
戦後沖縄の興業(映画館)の事や当時公開された作品等、今となっては貴重な情報がふんだん。国際通り、平和通り、沖映通りと、那覇市内中心部の通りの名前が全て戦後の映画館の名前から付けられたのをこの本で初めて知りました。
recommend
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで (JUGEMレビュー »)
キネマ旬報映画総合研究所
フィルムコミッション関係者にもお勧め。文化ではなく、産業として映画を考える際の資料的な価値もあります。
ブログパーツなど



あわせて読みたい
人気ブログランキング - 又吉演ブログ MATAYOSHI EN BLOG

人気blogランキングへ
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
sponsored links
edit
new entries
categories
archives
recent comment
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (07/23)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    H・W (07/20)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    EN (05/16)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    bb (05/15)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    仲宗根あやの (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    まっは (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    rio (03/27)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (02/22)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 日本グーグルのフィルタ外そうぜ | main | 京極夏彦「邪魅の雫」が届く >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

無礼なメールと僕のメールテクニック

かなり昔。

専門学校で講師をしていた事があります。
HTMLや、ハイパーカード(古き良きMacの素晴らしいアプリ)でスタックを作る方法とか教えていました。ITという言葉はまだなく。マルチメディアと皆は呼んでいました。

その時生徒だったM君から最近メールがあり、何通かやりとりしていました。
就職活動をしているとのことで、何度かメールで相談を受けたり、それに返事したりしていましたが、彼とはゆっくり話もしていません。何度か「ウチに話しに来たら?」と誘ったりもしたのですが…。

ま、色々あってM君は4月に就職先も見つかったようで。
ひとまず安心。という感じ。

で。本日、M君からメールが来ました。

Mです。演さん、お元気ですか?コンベンションセンターでのイベントの新聞記事読みました。その記事のボランティア募集に関して質問があるのですが、今まであったものとの違いはどこなのでしょか?あまり変わらないのではと思うのですが。あと×××での仕事は順調にこなしております。新しい名刺は私がデザインをしました。今度名刺交換してください。(固有名詞は外しましたが、基本的に全文このまま)


新聞報道には、沖縄ロケサポーターズの事は、沖縄タイムスの記事に、ほんの1〜2行しか出ていません。

引用します。

県外からの撮影業務を支援している沖縄フィルムオフィスは、ボランティアとしてエキストラに参加したり、撮影地の情報を提供する「沖縄ロケサポーターズ制度」を設立し、10月2日から運用することを明らかにした。(沖縄タイムス2006年9月23日記事:ソース元


たぶん彼は無邪気に
「今まであったものとの違いはどこなのでしょか?あまり変わらないのではと思うのですが。」

と書いてます。

それが失礼な文章であるとは、露ほども思っていないでしょう。
しかし僕は、このメールは無礼だと感じました。

少ない情報しか持っていない段階で、人の仕事を「今までと変わらないじゃん」と言う態度には、誠意や尊敬を感じませんし、まして「詳細を教えて欲しい」というお願いならば、あえて否定的な言葉遣いは無礼と取られても仕方ないでしょう。

熟考の結果、
明快にするには、良い見本を見せることが一番だ。
と考えました。

もちろん、僕よりメールの作文が上手な方は、かなり大勢いるでしょうし、そもそも僕も文法的に間違った文章をメールしている事があるかも知れません。

ただ経験則として、学んだ「演出」は割とイイ線いっているのではないか。
と思っています。(^_-)

もちろん、このメール見本を見て「又吉もまだまだだな。」
とお思いの先輩諸兄もいらっしゃるでしょう。

…その時はコメントで添削お願いしますね(笑)

以下、見本メール。解説は斜体の上小さいフォントで表記。



沖縄フィルムオフィス
又吉さま
「様」より「さま」の方が親近感が演出できる。取引先やお堅い感じの人には、逆効果テクニックなので注意が必要。

コンベンションセンターでのイベントの新聞記事、拝見しました。
事前に知っていれば必ず伺ったのですが、気づかなかったもので。
大変申し訳ありません。

「読みました」より「拝見しました」の方がちょっと知的。思ってなくても事前に知っていれば必ず行ったという事をアピールし、好感度をアップさせる

<教えてくれてもいいじゃないですか〜。新聞で知って悔しかったですよ〜。
すいません。甘えてますね(笑)>


いきなり砕けた言葉遣いを入れ、親しみやすさをアピール。図に乗って苦情をいいつつも、その苦情が単なる自分の甘えである事も、きちんと理解してる点を示す。「(笑)」で、「照れ」つまり、かわいい後輩感を演出。



それにしても、いつもながらのご活躍ですね。
僕も頑張らねば。と思う毎日です。

ほめられて嫌がる人はいない。まずほめる。これ大事。「僕も」は「貴方は頑張っていますね」という事と、自分はまだ貴方に足りない。格下ですよ。という事を示す…ま、簡単に言えばおべんちゃら。そして、おべんちゃらで、ご機嫌が良くなったところに、こちらの要求を提示する

さて、そのお忙しい中、こういったお願いをするのは申し訳なく思うのですが、
沖縄ロケサポーターズがどういったものなのか。
僕も参加や協力出来るのか。詳細をお教え頂けないでしょうか。

忙しい相手のため、要求は短銃明快に、ワンワードでお願いする。この場合「詳細をお教え頂けないでしょうか」のみが本来必要な言葉。ここを最後に書いたり、書き忘れたり、だらだら書いてはダメ。あと「お忙しい中…」とかは社交辞令だけど、社交辞令をきちっと書くのも大事。特に「僕も参加や協力出来るのか。」は、「教えてくれれば協力しますよ」という交換条件の意味。

残念ながら新聞では沖縄ロケサポーターズの
詳細が書かれていませんし、私の周りにも参加した物がいません。
ネットで検索しても詳細が書かれているところがありません。

事前調査したが、八方手を尽くしたが、他に方法がないのだ。というアピール。「そんなん、グーグルで検索すりゃ一発で解ることだろ!」という質問が横行する中、私はそういう無礼な事はしないという意思表示でもある。お願いごとは、相手の時間なり、労力なり、知識や情報なり、金なりを奪う事だ。無礼があっては得られるものも得られない。
実際に八方調査する必要はない。特に「私の周りにも参加した物がいません」あたりは嘘でも良い。逆に、そういう事を言う事で、相手の情報の価値が上がるから、相手は「自分は特別な情報を持っているのだ」という、優越感をくすぐられる。


情報を入手する方法があれば、それでも結構です。

相手が「誰々に聞いてよ」とか「何とかって本に乗っているよ」という情報でも良いから…つまり些細な情報でも構わない事をアピールすることで、情報えを得る可能性を上げている。最悪なのは、手ぶら…つまり何の情報も得られない事であるから、たらい回しも覚悟しつつ、何でもいいから情報を収集する道を探す

お時間のある時のご返事で結構ですので、お教え下さい。

当然、緊急性のない場合のみ使う(笑)急ぎ返事が欲しい時は、「大変申し訳ありませんが」とか何とか前置きして、必ず何時までに返事頂きたい旨を述べる。但し、締め切りは相手からすれば、こちらの勝手な都合でしかないので、重々申し訳なさそうにお願いすること。




以上が、僕ならこう書く。
という例でした。


at 15:55, Matayoshi En, 日記・メモ

comments(8), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 15:55, スポンサードリンク, -

-, -

comment
yanoo, 2006/09/30 7:33 AM

勉強になります。

taxi, 2006/09/30 10:59 AM

40代からは、斜体文字のフォントが小さくて読めないよぉ。

ばなな, 2006/09/30 2:38 PM

みんながみんなそうでは無いですが、20代前半くらいまでの社会経験の浅い方は言葉やメールでこういう事が非常に多いですね。いやいや自分も結構知らずに失礼な事をしてるのかもですが。 メールはとくに利便性と非礼を勘違いしてる方が多いと思います。

EN, 2006/10/02 11:16 AM

>yanooさん
お恥ずかしい(^_^;)

>taxiさん
了解!今後は気をつけます。

>ばななさん
いつも間にか、教える立場になっちゃったなぁ…。って感じっすよね。

炎, 2006/10/04 7:04 PM

はじめまして。
沖縄の方を検索していたらたどりつきました。
メールですか・・・。
お二方のご関係は存じませんが、企業の方でもメールが下手だ!という方は多いですよ。

−−−−−
〜様

・聞きたい内容の箇条書き

・私文

宜しくお願い致します。

・自分の連絡先及び名前
−−−−−

これすら出来てないと待て待て待て〜。となります。

EN, 2006/10/06 6:24 PM

>炎さん
そうですね。
基本中の基本くらいは、おさえていて欲しいですよね〜(^_^)

海老庵, 2006/10/10 11:17 PM

こんばんは。
先日バルケッタの記事をTBさせていただいた者です。

添削見事ですね。
よろしければ、授業に使わせていただこうかと考えています。

しかし、ウチの学生、「無礼なメール」以前の段階なので、初歩から教えないといけないのですが(^^;)。

EN, 2006/10/18 11:13 AM

>海老庵さん

いえいえ。そういう風に持ち上げられると恥ずかしいです。
でも、使って頂けるのならば、どうぞ、どうぞ(^_^)










trackback
url:http://matayoshien.jugem.jp/trackback/83
エピキュリアンズ・カフェ--ちょいと小粋な話--, 2006/10/10 11:18 PM

 ここのところ、不愉快なメールが相次いでいる。先日来たのが、学生からの、用件も何も言わず、土曜の朝来てくれませんかという内容のものだ。  どういうつもりで土曜の朝なのだ? ひょっとして成績のことで恨みを持った学生が襲撃に来るとか? そもそも土曜日は学