smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
profile
recommend
フィルムコミッションガイド
フィルムコミッションガイド (JUGEMレビュー »)
長島一由
遂に発行された、現在国内唯一のフィルムコミッションと地域活性に関する情報をまとめた書籍。著者の長島一由氏は元逗子市長。FCについて知りたい人は是非ご一読を
recommend
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955 (JUGEMレビュー »)
山里 将人
戦後沖縄の興業(映画館)の事や当時公開された作品等、今となっては貴重な情報がふんだん。国際通り、平和通り、沖映通りと、那覇市内中心部の通りの名前が全て戦後の映画館の名前から付けられたのをこの本で初めて知りました。
recommend
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで (JUGEMレビュー »)
キネマ旬報映画総合研究所
フィルムコミッション関係者にもお勧め。文化ではなく、産業として映画を考える際の資料的な価値もあります。
ブログパーツなど



あわせて読みたい
人気ブログランキング - 又吉演ブログ MATAYOSHI EN BLOG

人気blogランキングへ
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
sponsored links
edit
new entries
categories
archives
recent comment
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (07/23)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    H・W (07/20)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    EN (05/16)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    bb (05/15)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    仲宗根あやの (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    まっは (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    rio (03/27)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (02/22)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 2012年01月19日のTweet | main | 2012年01月20日のTweet >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

又吉演のプロデューサーワークショップ 2期目

 第2期目、スタートします。
 
<又吉演のプロデューサーワークショップ 初級編>
「ゼロから企画書を作るまで」全4回
日程と内容:
2月4日(土) プロデューサーとは?
2月11日(土) アイディアの作り方と作らせ方
2月18日(土) プラン・企画の立て方
2月25日(土) 資金調達の方法

時間:10:00〜12:30
受講料:15,000円

<ワークショップ受講者コメント>

「第1回WSを受講して、1人思い描いていた夢や妄想を、どうやって実現していくか、実践的に学ぶことができました。」(33歳・女性・読谷村在住・フリー)

「毎回、あっという間に時間が過ぎてしまい、もっとやりたい!もっと聞きたいと思う内容でした。ポイントが分かり易く、プロデューサーの考え方の基礎を身に付けることができました。また受講したいです!」(33歳・男性・那覇市在住・NPO職員)

「今回のワークショップを受講して、考え方、進め方などを早速実践で行ってます。自分をワンステップ上げる良いワークショップでした。」(39歳・男性・沖縄市在住・公益法人職員)

「ワークショップを受講して、自分のやりたい事、可能性が広がってきたように感じました。 企画を実現するためのプレゼンの練習や企画書の書き方も習い、様々な仕事に役立てると思います。」(23歳・男性・宜野湾在住・学生)

「今回、初めてプロデューサーWSに参加させて頂きました。ほぼ初心者に近い私でも、分かりやすい説明のお陰でプロデューサーという仕事を理解することが出来ました。また実践形式で、企画会議やプレゼンを行うのでとても内容の濃いWSを経験することが出来ました。」(35歳・男性・名護市在住・経営者)

「ものづくりをしている人に、「プロデュース」の視点が加われば鬼に金棒。まずは木製バットを手に入れた♪」(39歳・男性・浦添市在住・アーティスト)

詳細・お申込みはこちらへどうぞ。

at 14:28, Matayoshi En, プロデューサーワークショップ

comments(0), -

スポンサーサイト

at 14:28, スポンサードリンク, -

-, -

comment