smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
recommend
フィルムコミッションガイド
フィルムコミッションガイド (JUGEMレビュー »)
長島一由
遂に発行された、現在国内唯一のフィルムコミッションと地域活性に関する情報をまとめた書籍。著者の長島一由氏は元逗子市長。FCについて知りたい人は是非ご一読を
recommend
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955 (JUGEMレビュー »)
山里 将人
戦後沖縄の興業(映画館)の事や当時公開された作品等、今となっては貴重な情報がふんだん。国際通り、平和通り、沖映通りと、那覇市内中心部の通りの名前が全て戦後の映画館の名前から付けられたのをこの本で初めて知りました。
recommend
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで (JUGEMレビュー »)
キネマ旬報映画総合研究所
フィルムコミッション関係者にもお勧め。文化ではなく、産業として映画を考える際の資料的な価値もあります。
ブログパーツなど



あわせて読みたい
人気ブログランキング - 又吉演ブログ MATAYOSHI EN BLOG

人気blogランキングへ
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
sponsored links
edit
new entries
categories
archives
recent comment
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (07/23)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    H・W (07/20)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    EN (05/16)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    bb (05/15)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    仲宗根あやの (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    まっは (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    rio (03/27)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (02/22)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< TIFFCOMいってきました | main | 熟考と無垢 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由

公私ともに猛プッシュ中の「琉神マブヤー」。

沖縄では10月からRBCで「琉神マブヤー外伝SO!ウチナー」が放送開始しています。

先週の土曜日で3話まで終了。

YOUTUBEで違法アップロードしてくれてる人がいるので、県外の方はそっち見て下さい。

んで。
 ネットでは賛否両論あるものの、どちらかと言うと新番組に否定的な意見が多いですね。 今回の新番組のニューキャラクターとして既に公表されている、新ヒーロー「龍神ガナシー」や悪の軍団マジムンの新ヒール「ハブクラーゲン」がまだ登場していないし、今後の展開は不明だけれども、シリーズの3話まで終わった時点で、僕の考えを少しまとめておきます。

 正直、「公私共に」の部分で、多くの知人、友人が関わっている作品なので、言いにくい所はあるけれども…。

 そもそも「琉神マブヤー外伝SO!ウチナー」が前作のファンから「外伝は面白くない!」「つまらない!」と叩かれてはいるものの、感情面が先立ち、冷静に「何故、面白くないと感じるのか?」という部分にまで踏み込んだ評論を僕は見ていません。 あったら是非教えて欲しいところですが、「誰もやらないなら自分でやってみる派」な僕として、挑戦してみようと思います。

 単刀直入に言って、僕自身、今回の外伝第一話を見てがっかりしました。

 前述したように、ネットで「面白くない」という声はすぐに起き始めたので、面白くないと感じたのは僕だけではないのは確かでしょう。

 後になって、第1話と第2話を演出した高山君が「友達から電話かかってきて、怒られましたよ。」と言ってたのを聞いて、彼も彼で大変だよなぁと思った次第。制作する側は制作する側で、ファンには解らない「大人の事情」含め、辛い部分はあるのも理解しています。

 もちろん、前回の「琉神マブヤー」も特撮見慣れている系の人で「最悪」とか言うネットでのコメントはありました。 それはBS11での全国放送している現在も同様です。しかし、本来支持していたファンであった「琉神マブヤー」mixiコミュ内において「面白くない」コメントが増加したのは、外伝の方向性がファンに受け入れられなかった事だと言えます。 …もちろん、今後変わる可能性はありますが、一度離れたファンの愛情を再び取り戻すのは、結構大変でしょうね。

 ファンは何故「面白くない」と感じたのか。

 様々な要因があると思いますが、一番の問題点は「琉神マブヤーが僕らのヒーローではなくなった。」というものです。

戦隊ものでも仮面ライダーでも、ウルトラマンでもフレッシュプリキュアでも、そして前作のマブヤーでも「変身」がある訳ですが、実は大きな違いがあります。

シリーズが続くものだと、いろんなバリエーションが出てくるので一慨には言えないのですが、誤解を恐れずに大別すると 仮面ライダーは改造人間ですが、人です。フレッシュプリキュアも人です。海外ものだとスパイダーマンとか、バットマンは人ですね。
戦隊ものは、人であるか人でないかは、シリーズによって変わりますが、最初のゴレンジャーは人でしたし、概ね人であるケースが多いように思えます。

 それに対してウルトラマンは主人公が変身はしますが、人ではありません。スーパーマンもそうですね。ウルトラマンは宇宙人が人に乗り移っているだけですし、スーパーマンは宇宙人が人に変装しているだけ。 だから変身後のウルトラマンは、厳密には主人公とは違う人格を持ちます。
ウルトラマンの初回で、主人公ハヤタ隊員はウルトラマンと対峙しますし、その他のウルトラマンシリーズでも、主人公とウルトラマンが別人格である事を示す話があります。

 琉神マブヤーは、ニライカナイの戦士であり、本来はウルトラマン同様「別人格」として描くべきでした。

しかし、前作では主人公=マブヤーとしてストーリーを進めてしまいました。

これが意図的であったかどうかはさておき、ファンにとっては、マブヤーがあたかも人であるかのような錯覚が起こってしまいます。
 ウルトラマンというより、むしろ仮面ライダーやスパイダーマンに近い方向性です。

しかし、この基本設定を活かせなかった事が、むしろ良い方向でファンの心を掴み、多くの支持を集めました。

ダメダメな主人公がスーパーパワーでヒーローになる。

ヒーローなのに適度にいい加減だったりもする。自信過剰になったり、悩んだりもする。 焼物の工房で見習いとして働き(経済的に自立してるかも怪しい)、師匠の娘で幼なじみに恋心も抱くもうまく告白出来ないし、エイサーに誘われても参加できない。沖縄県民なのに沖縄の事を知らなかったりする。

 主人公は、沖縄県民を象徴しているようにファンは感じました。

 悪の軍団マジムンも、生活空間の中に登場します。山城ストアの前でおばぁに悪さしたりします。 登場人物が交わす言葉は、沖縄の若者が普通に喋る言葉です。 マジムンをこらしめることはあっても殺す事はない。

 全て、沖縄県民の生活と「地続き」の話だったのです。

 マブヤーはスーパーマン(宇宙人)ではなく、「親愛なる隣人」スパイダーマンと同じような愛され方で、沖縄県民に愛された訳です。

その意味で、前作のマブヤーに対して、県外の「つまらない」という一蹴は、何らおかしくない。

彼らにとってのマブヤーは生活と地続きのものではないからです。
彼らにとっては、親愛なる隣人ではなく、異世界の話でしかありません。しかし、沖縄に何度か来たことのある人や、いわゆる「沖縄ファン」にとっては、やはり地続きの話と捉えられたでしょう。
いずれにせよ、県内外でマブヤーを評価した人達は「親愛なる隣人」としてマブヤーを愛したのだと考えられます。

「琉神マブヤー外伝SO!ウチナー」でのマブヤーは、実は基本設定に忠実に戻ったとも言えます。

ウルトラマンは<地球でない場所>においては、人の姿である必要はなく、そのように描かれています。

マブヤーも<異世界>においては人の姿である必要はありません。

設定に忠実であれば、「チルダイ森」のマブヤーは、M78星雲のウルトラマンのようになるのは当然です。

主人公(?)は、その異世界に、子供でなくともきれいな心・マブイがあって行けるユンタとゆい。
しかし、どちらにも生活感はありません。

描かれ方としては、人ではありません。

アンパンマンのジャムおじさん、バタ子さんについて、作者のやなせたかし氏は「妖精のような存在」と言っていますが、ユンタとゆい、じんぶんペーチンは、異世界の妖精のように描かれています。

ドラマで描かれる風景も、完全に異世界であり、生活と地続きの場所ではありません。
(ちなみにロケ地となっている豊見城城址公園も、現在特別な許可と得た撮影以外では閉鎖されており、一般入場は出来ません)

外伝では、あたかもNHK教育の子供番組のようなスタジオ収録部分があります。

対象年齢を意図的に下げたのかも知れませんが、その意味でも「大人のファン」にとっては、離れた存在になったと言えるでしょう。

「親愛なる隣人」だと思っていたマブヤーは、異世界の住人であり、宇宙人であり妖精だった。

スパイダーマンを見に行って、アンパンマンを見せられたのであれば、客はたまったものではありません。

確かに設定には忠実なのかも知れません。
しかし、ファンにとって、これは裏切りとも言えます。

前作で、マブヤーを完全に異世界の住人として描かなかったのであれば、制作者の責任としてそれを貫くか、ファンが勘違いしているのであれば、それを丁寧にほぐしていく必要があったはずです。

ちなみに外伝の第一話でマジムンキングの封印を解くのは、普通の人です。前作からの流れで最初は気になりませんでしたが、異世界での話だと気づいた途端、この描写がおかしいと気づきました。

この人達はどうやってこの「異世界」つまり「ハゴー山」に入り込んだんでしょう? チルダイ森はきれいな心・マブイがないと入れないけど、ハゴー山には誰でも行けるのでしょうか?

 逆の言い方をすれば、このマジムンキングの登場シーンを、ハゴー山ではなく、普通の住宅地の空き地とかにある、何気ないお札をはがした結果、ハゴー山にマジムンキングが現れる…とかに代える事で、現実世界とハゴー山やチルダイ森が影響しつつも、「異世界である」というのが直感的に理解でき、ファンの勘違いをゆっくり調整出来たかも知れません。

 新シリーズの話については、実は僕は飲み会で関係者と話した事があります。

その時は、カナイ=マブヤーが中年になってからの話とかどう?

とか冗談めかしで聞かされましたが、異世界の話…アンパンマンにするくらいなら、いっそ、そうしていた方が良かったんじゃないかと(笑)ケンも大人には人気あったし。

主要キャストが継続出来なくなったという事情や、関係者内での対立等、様々な問題があったのは知っています。 しかし、本質的な部分を見つめる事や、間違えない事は出来たはずです。 素材が変わったからといって、一番大事な部分を変えてしまってはおかしくなるのは当然です。

4話以降の展開で、ドラマとして面白い作品にはなるかも知れません。
実際、第3話のハブデービルのエピソードにはぐっとくるものがありました。素直に面白かった。
1話も2話も、面白いと思います。
これがファーストシーズンなら、そんなに違和感なく受け入れられたでしょう。

スタッフはもともと実力があるので、今後も良質なドラマにはなるのは間違いないでしょう。

アクションは格段に良くなっています。
前回はあまり余裕がなかったであろう美術の予算も増えている感じです。
CGも全体的にパワーアップしています。

(しかし、ジンブンぺーちんの大樹の絵は何とかならないものか。手前か後ろに鳥を飛ばせば、嘘くささが減るので、検討して下さい。CGの偉い人が嘘くさいCGの風景の時には鳥を飛ばす事で、やや絵っぽさが緩和されるハリウッドの基本テクニックだと言っていました。)

これからの登場する新キャラも面白いキャラになるでしょう。



でも、マブヤーが異世界から隣近所に戻ってくるというのは、想像できません。

ユンタが変身する事になっても、それは別の世界のヒーローです。


琉神マブヤーは沖縄のヒーローだった。

親愛なる隣人だった。

そこが沖縄のファンが一番愛した部分だった。

けど、外伝のマブヤーは、別の世界のヒーローです。

沖縄の昔話を扱っているのは味付けに過ぎず、作品の根本ではありません。
ヒーロー像に関わる部分ではありません。
 前作は、どうやっても県外の話に置き換えが困難でしたが、今回の外伝は言葉を標準語にして、沖縄の昔話を日本の昔話にすれば、県外の話に簡単に置き換え可能です。

結果はいずれ明白になるでしょう。

視聴率がどうなるか。
グッズやDVDの売上げがどう変わるか。

スパイダーマンがアンパンマンに変わっただけなので、もしかしたら、子供には外伝の方が支持されるかも知れません。


でも、個人的には第3弾(外伝でなく正当な続編)もしくは映画とかって話になるのであれば。


また親愛なる隣人ヒーローが見たいです。

まぁ、とにかく外伝は外伝として、応援する気持ちは変わりませんので
関係者の皆様は、そのあたり誤解しないで欲しいです。はい。



 

at 00:12, Matayoshi En, 琉神マブヤー

comments(39), -

スポンサーサイト

at 00:12, スポンサードリンク, -

-, -

comment
ウチナームク, 2009/11/07 12:14 AM

お見事!
数話後での再分析も拝読したいです。

コザんちゅ, 2009/11/07 11:11 AM

わかりやすい!
なんか納得!

でも…
あと数話で役者の質も上がるかな?

今度こそは…って見るんだけど…
アクションシーン以外が辛くてすぐ見るのやめちゃう。

同じ沖縄の人がやってるからって応援したいけど、もうちょっとうまい人はいないのかな?

がんちょー, 2009/11/07 9:04 PM

拝読しました。
では事情を知らない一県民として感想。

前回の主要キャストが出演できない事情は分からないのですが、
最初からFECありきで進めた結果ではないのでしょうか。

FECが参加しない(させない)と判断したのなら理由があるはず。
製作チームは作れると判断したから作った。

プロなら結果がすべて。結果を受け止めずいいわけするのは素人。

Kyan@Sleipnir, 2009/11/08 12:09 PM

初めまして,こんにちは。
素晴らしい分析ですね。
当方は「マブヤーが面白くない」という評判が立っていたことは知らないのですが,まぁ,「外伝」だしそんなものだろうと思っておりました(笑)
ということで,私としては同じスタッフによる別の物語に期待しています。
マブヤーは確かにヒットしましたし商業的にも美味しいでしょうが,ピリオドを打った物語で,新たな挑戦の余地はあまり無いように思います。
作り手達と直接お話しできるのであれば,そう思っているファンがいることをお伝えくださいませ。

大好きだったのに, 2009/11/08 11:12 PM

今までの演者たちは何も
悪くなかった

見てる側が喜ぶように
作っていこうとした結果がこれです

でも多分制作者側はこれで
まんぞくなのかな??

今までいたおっかけも
ほとんどいなくなってますよー

昔は前列追っかけメンバーでしめてたのに・・・。

EN, 2009/11/09 12:42 PM

>ウチナームクさん

数話あとの再分析は、今ちょっと考え中です。第4話で「チルダイ森」に(ハゴー山にも見えないし)いじめっ子みたいなのが登場したので異世界だという基本設定そのものが、わからなくなりましたし。

>コザんちゅさん
沖縄では役者さんがそもそも少ないという制約と、予算・スケジュールとのバランスなので、何とも言えないところですね。

僕が出来るのは、仕事を増やせる環境を作る手伝いで、それが役者さんの増加や、スキルアップ、収入増になればいいと考えています。

>がんちょーさん
制作側は、現在の酷評を甘んじて受けていると思います。プロですし。

私は少し外野の立場なので、ちょっと擁護したりしてしまいますね。

>Kyan@Sleipnirさん
関係者から私のブログを読んだとの話がありましたし、コメントも読んでいると思います。

非難も応援する声も、全部ではないでしょうが、たくさん届いているでしょう。

もちろん、私も応援する立場ですし、今度会ったら伝えておきますね。

>大好きだったのに、さん
満足か満足でないかはさておき、世に出したのであれば、その評価からは逃げられないのは表現者の宿命ですね。

ただ、出来がよかろうが悪かろうが我が子はかわいいと思うのも人情ですから、こうやって批判されるのは、正直辛いだろうなぁと考えます。

私も褒めている訳ではないので、心苦しいですが、(明日のために)考えた事をネットにあげてみました。

これを機に, 2009/11/09 1:26 PM

とても残念な感じでスタートし新マブヤー。ENさんの分析はとてもわかりやすいし、納得。子供たちの期待を本当にヒアリングしたのか、世間の流れを本当に察したのか、など疑問は溢れるばかりです。変身しないヒーローなんて。そして、おもしろくない悪者なんて。(そう、ちょっと前のプリキュア5GOGOに出てくる悪者なんて、面倒くさがり屋のおじさん的なキャラでした。でも、それがウケたり。まあ、余談ですがね)
この不評を機に、もっと空気読んでほしいし、学習してほしい。マブヤーは沖縄の愛するヒーローなので。

EN, 2009/11/10 10:40 AM

>これを機に、さん
わかりやすいという感想、ありがとう。

不評は、制作者側にも届いていると聞いているので、彼らも色々考えているとは思うよ。

いずれにせよ、僕としては前向きに、今後も応援するつもり。

m@ko, 2009/11/10 9:20 PM

 はじめまして。
 演さんの分析にはただうなずかされるばかりでした。ここからは特ヲタの個人的な感想ですが、前作は「仮面ライダークウガ」あたりに通じる雰囲気(映像の感じや番組に出てくる架空の古代言語を聞いたときのように、意味を知りたくなるウチナーグチなど)を感じたものですが、外伝はオープニングからすでに「これは何か違うぞ?」という印象を受けました。内容もなんかNHKの教育テレビあたりでやってそうな雰囲気になってしまいましたね。あと、前作のように悪事の影響が描かれていないためか、マジムン達がただ呪文をとなえるだけ、たむろして馬鹿やってるだけ、ぶっとばされるだけに終わっている気がします。
反面、殺陣は前よりも良くなってる気がしますね。スーパーメーゴーサーのカットも特撮的ですし、新キャラガナシーの投入はダブルライダー的な活躍を期待させてくれるだけに・・・
今の展開はちょっと残念ですね。

EN, 2009/11/11 1:03 PM

>m@koさん

本当はディープな特ヲタ系の人にばしばし分析してもらいたいのですが…そういうのは2ちゃんかな?(あまり見ないので)

アクションは本当に良くなってますね。これは、今後もどんどん良くなる気がしますよ。

ガッカリ。, 2009/11/14 11:48 AM

私は、外伝1話を見てガッカリしました。
ENさんの分析はよく分かるのですが、子供にその理屈は理解しづらいと思うし、
基本設定に忠実になったと言っても、面白くないんじゃ意味がないかな・・・と。
やはりヒーローものは、普段ひ弱な男の子が、かっこいいヒーローに変身するから子供たちも憧れるのでは?
変身ポーズを真似るのが、子供たちの楽しみでもありますから・・・。

それと、前作は「笑い」も活きてたし(さすがFEC)、エンターテイメントとして観れましたが、
今回の外伝は、情報番組のような教育テレビのような、「ドラマ」としては中途半端な気がします。

ENさんもお立場上とても複雑だと思いますが、私もマブヤーが大好きです。
また、子供たちや県民に愛されるマブヤーになるよう、応援しています。

EN, 2009/11/16 12:30 AM

>ガッカリ。さん

そうですね。子供には通じないと思いますし、がっかりしてる子供も多いとよく聞きます。変身もないし。

色々な内部事情をこのエントリ書いた後日に知らされましたが、ファンには関係のない話ですから、言い訳にしかなりませんし、スタッフもそれを解っているからこそ、言い訳していないのでしょう。

僕は今後に期待しつつも、もうある部分では完全に諦めているのも事実です。

関係者がこれをバネにしてくれる事を祈るばかりです。

おうる, 2009/11/21 4:16 PM

自分は前作も好きだし今作もけっこう楽しく観ています。

確かに不満もあります。(ジンブンぺーちんの大樹の絵のチャチさや変身が無い事・ケンが出てない・劇中の絵図らが変わらない事etc)

逆に今作を見て、ゆい役の石原萌さんのかわいさにやられてしまったのも事実だし、前作・今作を通して劇中に漂うゆる〜い感じが、観ている自分にとっての癒し?的な感じになって、毎回の放送へと自分を向かわせてくれています。

兎に角いろいろあるとは思うけれど、stuffさんに頑張ってもらって自分も一生懸命応援する。

それに尽きます。

みな, 2009/11/22 10:53 AM

ENさんの分析、とても面白かったです。
ハブクラーゲンとガナシーが登場するまでは何があっても見ようと思っていましたが
今、スタッフの皆さんに言いたいのは、「嘘は上手につきましょう」かな。

「物語を成り立たせるためには、できるだけ大きな嘘を一つだけつかなければならない」と書いていた人がいましたが
ファーストガンダムが作られたときは、モビルスーツによる宇宙での格闘戦が不自然にならないよう
「ミノフスキー粒子のためにレーダーが使えない宇宙空間」が定義されました。
パトレイバーでも、人型2足歩行レイバーが大量生産されたのは
「東京湾沿岸の大規模再開発」によるものと設定されました。

私が解釈した「外伝」の世界は
「マブイのきれいな人間しか入れないチルダイ森に、沖縄の物語を宿したマブイ花の木があり
マブイ花が失われると沖縄の心が失われて、沖縄が荒廃する」といった感じだったのですが
第1話から堂々とマジムンがチルダイ森に入ってくるし(マジムンのマブイは美しいのでしょうか?)
第4話ではウーマクーたちも平気でチルダイ森でいじめをしてるし
(私はナイチャーなので、あの年齢までウーマクーと呼ぶのかと驚きましたが)
ハブクラーゲンがチルダイ森に倒れていた理由もいっさい説明されず
もしかしたらハゴー山はチルダイ森の中にあるという落ちなのかと疑ってしまいました。

ゆいとユンタを見ていると、「大人になってもマブイのきれいな人間=知的成熟の遅れた人」なのかと思います。
あのキャラだったら、小5〜中1くらいにして欲しかったですね。

ギャグの積み重ねかたにリズムが出てきたので、肌が合えばはまる人は増えると思います。
私は、申し訳ないですが録画予約を削除しました。
気が向いたら、最終回だけ見てみようと思います。

EN, 2009/11/24 11:17 PM

>おうるさん

僕も今回の外伝は外伝として楽しんでます。応援する気持ちも変わっていませんよ。

>みなさん

正直、回が重ねられて設定は破綻していますね。

このエントリで深く考察した設定に関する部分も設定破綻してるのが解ると、何とも言えなくなってしまいました。

僕は今後も見るつもりですが、今の外伝は強くお薦め出来ないし、ファンが減るのはしょうがないですね。

関係者が今後どのようにマブヤーを育てていくのか、気になるところです。

mina, 2009/11/25 12:30 AM

なんだか、沖縄版ヤッターマンを作るつもりなのかなって気がしてきました

EN, 2009/11/25 12:37 PM

>mina

ヤッターマンかぁ…。それは浮かばなかった。

カドッチ@ネイガーファン, 2009/12/07 1:46 PM

私は個人的にマブヤーはヒーローキャラクターとしてネイガーを凌駕する点が多々あると感心しDVDも購入して楽しんでました。

私は秋田県民なので外伝は某動画サイトで視聴させていただきました。

率直な感想は「これはこれで面白い!」です。毎回素直に爆笑しましたw
ただ、否定的なファンの気持ちも理解できるな〜とは思いました。
ENさんの分析にも同感です。

私の不満点としては、前回とのストーリー的繋がりの無さや、マブヤーとガナシーのキャラクター的役割の違いの無さ…
(2人とも性格や役割に大差が無いように見える)
場所がいつも同じ。
の3点です。

外伝なのでまったくのパラレルワールドってことで割り切るしかないんでしょうね…

でも、ガナシーの性格はマブヤーと違ってほしかったですね。
公式HPの設定に平和主義っぽい事が書かれていたので、それをもっと前面に出してもいいかと思いました。

あと チルダイ森にマジムンや きれいなマブイ以外の人が入れるようになってしまった理由として考察するなら、マジムンの封印が解かれたことで、チルダイ森の結界が弱まってしまった…と言ったところでしょうか?ハゴー山とチルダイ森は表裏一体の関係なんでしょうね。

長々と勝手に書いてすみません。何はともあれ 私もマブヤーファンとしてこれからも応援しますし沖縄を応援したい気持ちに変わりはありません!マブヤースタッフの皆さんも様々な意見や問題に負けないでファイトですよ!

EN, 2009/12/09 9:26 AM

>カドッチ@ネイガーファンさん

秋田に行った際、ネイガーについては色々聞きましたし、ファミリーマートでネイガーキャンペーンしてたり、凄いなぁ、と思っていました。

マブヤーとネイガーは兄弟みたいなものですが、実はコンセプトは逆なんですよね。

マブヤーはどんどん沖縄から出て行く。ネイガーは秋田からは出ない。
そういう部分も面白いですよね。

マブヤーとガナシーのキャラは今のところ使い分け出来てないですね。新キャラ投入のメリットが生かせてないのは、おっしゃるように、少し残念です。

パラレルワールドにする事自体は全然問題ないですけど、変身がないのは考えものだと思います。

チルダイ森の設定については、あまり深く考察したワケでなく、結構いきあたりばったりな感じです。
ある意味沖縄的ですね。なので、深く考えるのは僕はやめました(笑)

スタッフの皆さんを応援する気持ちは僕も同じですよ。

シロマー, 2010/01/20 10:01 PM

いろいろ深いところがあるのですね。
自分は、最初子供と見たときは、
やはり、前シーズンの方が、面白かったなぁと思いましたが、
見ていくにつれ、面白く思いました。
特に、悪者(マジムンキング様他)
悪者たちが、反省するシーンはなかなか笑えました。
最終回でも、ぺーちんがマジムンキングを完全に封印しないで、
「後悔するぞ」といわれ、「だからよ〜」というシーンは、なんかよくわからいですが、よかった。
いろいろ、賛否両論あるようですが、
素直におもしろかったです。
はっきり、論評できなくてごめんなさい。

EN, 2010/01/21 6:10 PM

>シロマーさん
コメントありがとうございます。

賛否両論、人それぞれなので、面白いという方の意見にも、もちろん納得します。好みもありますしね。

僕は、設定がストーリーに活かされないのが、どうしても馴染めませんでした。「テーゲーでいい」というのも理解出来るのですが、のめり込めない…という感じ。

外伝は終了しましたが、マブヤーはこれからも多方面で活躍するでしょうし、応援するつもりは変わりません。

, 2010/03/20 12:12 AM

初めまして。香川県の香川と申します。
最近仕事の関係で沖縄の人と知り合いになり、そこでマブヤーの存在を知りました。

メーーッチャ面白かったです!
ストーリー、CG、演出、カメラワーク、小ネタ…全て大好きです!!
今も一日一回はオープニングをみてテンションあげてます♪

最近初めて外伝をみたんですが、オープニングでアレ?って印象を受けたのは覚えています。本編でマブヤーが登場してもその印象は消えませんでした…。あのマブヤーじゃなかった。
初代マブヤーが好き…いやカナイ、クレア、あのハブデービル、町並み、さとうきび畑が本当に好きだったので、違う世界が辛くてみれなかった。

人気が出過ぎて対象年齢を下げて作るしかなかったのかもしれないけど、みんなの言うとおりスタッフのもってる技術はスゴイと思うので大人が見ても子供が見てもワクワクしたり感動出来る作品をつくっていって欲しいです。

県外のものが生意気なこと言って申し訳ありませんでした。

事務局けんぼう, 2010/03/25 12:50 PM

はじめまして。那覇市ローカルヒーロー「美ら結シンカ ムムヌチハンター」事務局のけんぼうと申します。

琉神マブヤー外伝について、ここまで分析されていて、しかも「なるほど!」とうちあたいされたのは初めてでした。

私も外伝を見させていただいたのですが、どうも初代のイメージが強すぎて、見るのをやめてしまった一人であります。

完全無敵のヒーローよりも、等身大で悩みながらも成長をしていくヒーローのほうが好きな私にとっては、ちょっと物足りなさを感じているところではあります。

ただ、いろんなチャレンジはあっていいものだし、まだまだ展開はこれからだと思いますので、ローカルヒーローの先輩を応援していきたいと思います。

ついでにうちのムムヌチハンターも応援していただけたら笑

EN, 2010/03/25 5:09 PM

>事務局けんぼうさん

コメントありがとうございます。
ムムヌチハンター、面白そうですね。
とりあえず、これからブログチェックします!
何か協力できる事があればお気軽にご相談下さい!

w, 2010/04/05 12:47 AM

言えばいいよ
ほんとに!
ギャラと拘束力おかしいって!

今はそれに企業がくっつきまくってるから「大人の力」に逆らえないんでしょ?

全てがパクリのマブヤー

…失礼なんじゃない?

TV・イベント全てにおいてねw

アクション?しょぼいよw

プロデューサーしかり
南西産業しかり

沖縄の技術ある業者さん達を
騙してるプロジェクト…

この構図…ばれてますよwwwww


沖縄なめんな!!!!!!!!!!!!!!

EN, 2010/04/05 1:45 AM

>Wさん

辛口ですね。
恨みでもあるんでしょうか(^_^;)

否定的な意見はあって当然だと思いますが、僕は公私共にマブヤーを応援していますよ。

問題もたくさんあるでしょうが、マブヤーが示した成功は凄いと思うし、それがコンテンツ屋ではない南西産業が作ったという事に、コンテンツ制作関係者はもっと真剣に向き合うべきだと思っています。

EN, 2010/04/05 8:59 AM

>香川県の香川さん

すいません。うっかりコメントへのレス飛ばしてました。

1stシーズン見た直後の外伝は、ちょっと別作品過ぎて違和感があるでしょうね。県外、県内関係なく、面白いところ、面白くないところ、色んな意見が出る事が、マブヤーがもっともっと良くなっていくことだと思います。

次のシーズンも準備中らしいので、皆の意見を参考にして欲しいですね。

まっつん, 2011/11/17 11:21 AM

>>W

マブヤーあなたが思ってるほど儲かってませんよ。
文句言うならデータ見て言わなきゃ、そこらのネトウヨと同じ。

En Matayoshi, 2011/11/17 11:42 AM

>まっつんさん

横から失礼します。
僕のブログのコメント欄なもので(^_^;)

「あなたが思ってるほど」とありますが、Wさんからそれを示唆する金額的な書き込みないですよ。(ギャラおかしいっていうコメントは儲かってるかどうかとは関係ないし)

まぁ、儲かっているか否か?は基準が曖昧なので何とも言えませんね。

オリオンビール程は儲かってないでしょうが、近所の昭和からやってる散髪屋よりは…おそらく儲かってるでしょう。

繰り返しますが、私はマブヤーを高く評価していますし、沖縄のコンテンツ業界に与えたインパクトには感謝さえしています。

辛口コメントは私も嬉しくはないですが、賛否両論あってこそだと思いますので、ネトウヨ扱いはご遠慮下さい(^^)

アッキー, 2012/01/14 7:25 PM

はっきり言ってかなりガッカリした…まあ所詮日曜日の民放某局で放映している子供達に絶大な人気がある「ゴーカイジャー」とその後やる「仮面ライダーフォーゼ」と比べると、あくまで沖縄限定の地域ヒーローだから先の2番組と比較するといろんな点で見劣りするのは仕方ないにしてもなんか見ていても自分が子供のころにデパートの屋上で見たその当時流行ってたゴレンジャー等と作り方がよく似ているみたいだし、最近の戦隊ものではゴーカイジャーもフォーゼもその前のアギトも悪役の怪物の変身の仕方がすごくリアルで気持ち悪いくらいに精巧にデジタル技術を駆使して作られているがこれはまだ仮面ライダーの1の時のようにいかにもスーツアクターがキグルミを着て戦闘シーンを撮っているみたいで…こんな雑な番組つくりならいっそのことテレビでの放映を一切やめてそれこそ土・日・祝にショッピングモールでやっている公開ショーだけに出演した方がよっぽどいいと思う。子供達や子供だけでなく子供連れの若いお父さんお母さん達にもそれこそ皆拍手喝采で喜んでくれると心からそう思う。

matayoshien, 2012/01/14 8:45 PM

>アッキーさん

いろんな意見があって良いです。
面白いと思う人もいれば、つまらないと思う人もいるでしょう。

でも琉神マブヤーは、沖縄では、ゴーカイジャーや仮面ライダーフォーゼよりもデパートのショーは集客しますし、視聴率も高いですし、DVDやグッズの販売数も仮面ライダーや戦隊シリーズと同等か、下手したらそれ以上売れていますよ(^^)

尚, 2012/01/16 11:58 AM

内地の者です。あちこちレビューを読んでいてたどり着きました。
昔から沖縄と琉球が大好きで、1→2→SO!ウチナーの順にDVDを観てすっかりハマってます。きっかけは、某アイドルがウチナーンチュ・唐手キャラを演じたドラマ「スシ王子!」と、ゆるさのツボが似て爆笑していたからです。

通して見たので、シリーズごとの設定変更について行きづらかったのは事実。でも言いたいことと笑いのテイストはブレてないし、好きな気持ちにかわりないですよ。

話の破綻は・・・「てーげーなのね〜」で割りきって!(何度もやらない方が…苦笑)「外伝」はあくまでも別モノとして楽しんでます。外伝では主人公がちがう人という設定も小説などではよくあることで、メインは変身や戦闘シーンじゃないと捉えてました。でも、テレビで1のつぎに倍の量のSO!ウチナーが流れたら、私もちょっとおかしいと感じたでしょうね。

売れたら大きくするよりも、初めから目的を決めて(ご当地レンジャーものだけでなく、地元の若手の雇用促進や物品販売、自然だけでないいいところを本土の人に知ってもらうetc...)つくった方が、尻すぼみにならないのではないでしょうか。
突然シリアスにすみません。私の住む愛知では、「名古屋おもてなし武将隊」のブレイクとともにいろんな問題がおきてきて、フリークの友人が憂いているのです。
マブヤーにはそうなってほしくありません。いい意味で形を変えながら続いていってほしいです。応援しています!

matayoshien, 2012/01/17 2:55 PM

>尚さん

沖縄での放送は、1の次が外伝で、そのあと2という順序だったので、違和感が凄かったのです。

マブヤー人気は全国区になりましたが、それに伴い色々な批判や批評が出ているもの事実です。しかし、せっかく素晴らしいコンテンツを生み出したのですから、紆余曲折しながらも育っていってくれればなぁと思います。私ももちろん、応援しています。

試着したのに買わない極悪人, 2012/02/16 1:32 PM

東京MXで昨年秋から1、2の順で観てます。やっぱり別モンですね。初代マブヤーは奇跡のフィルムだった。だから続編がことごとくつまらないことを嘆くより、あの初代が完結した作品としてこの世に残ったことを自分は喜びたいと思います。奇跡です。
初代の面白さはやはりFECという人々(よく知らない)の力が大だったのではないでしょうか。テンポ、スピード感が凄い。ハブデービルが「あ、あった」とマブイストーンを登場後数秒で見つけてしまうあの描写に「どうでもいいことにだらだら時間かけない」マブヤーの良さが凝縮されているように思います。
メジャー戦隊もの、特撮ヒーローへの過剰なリスペクトがないところ、そんなことより「面白さってなんだろ?」「悪と戦うってどういうことだろ?」「だっぴらかせばそれでいいわけ?」と自分たちの頭で考え抜いたところにこそこの作品の凄さ、面白さ、独自性があるのだ、もとい、あったのだと自分は思います。

matayoshien, 2012/02/22 10:04 AM

>試着したのに買わない極悪人さん

初代マブヤーメンバーは、今沖縄で「ハルサーエイカー」という番組を作り上げました。YOUTUBEでも一部見る事が出来るので、是非チェックしてみて下さい(^^)

試着(中略)人, 2012/02/22 8:48 PM

ご教示ありがとうございました。さっそくyoutube(公式高画質配信?)で第1話拝見しました。これですよこれ! 「声大きいよ。近所迷惑でしょ」見飽きたヒーローもの演出をぶち壊すこれが見たかったんですよ。
関係者であればあるほど「事ここに至った内部事情」は語れないものであるかと思いますのでもうそういうことはどうでもいいです。実力あるひとに正当に露出、対価が与えられる流れになってほんとうに良かったです。
これから残りのも見ます。ありがとうございました。

matayoshien, 2012/02/22 9:40 PM

>試着(中略)人さん

手応えあったようで嬉しい限りです。ハルサーエイカーは有料でネットで全話見れるとのことですし、しばらく待てば、DVDも出るでしょう。
楽しんで下さい!

H・W, 2012/07/20 1:41 PM

前に演さんの文を読ませていただきました。

コメントが出来ることを知ったので
書かせてもらいます。

東京の人間ですが、琉神マブヤーが始まったとき、沖縄に住んでいました。
なのでテレビでリアルタイムに見てました。

私も外伝はがっかりしました。
でもつまんなかったと言えば
そうではなく面白かったです。
外伝は、楽しく見てました。
沖縄の昔話や文化に触れられて。

外伝だけをとれば面白いんです。
ガッカリしたのは、前のと比べてしまうからです。
はじめのマブヤーの衝撃が凄すぎた。
それ以上か同じ位のを期待したから
がっかりしたのです。

まずは、ストーリーでがっかりしたのではなく、

男はつらいよの映画を見に行き、
寅さんが、渥美清でなかったら
がっかりを通り越して怒りますよね。

マブヤーは、短いので怒らずにがっかりということでしょうか。

あとティーチの続きが見たかったんですが、ターチ、ミーチもストーリーを
変えちゃったのが残念だったです。

もともとマブヤーとオニヒトデービルが兄弟だったですよね。
それもテーゲーでよいですが、
沖縄に住んだことのないナイチャーには
分からない部分かもしれません。

まぁ色んな設定など
子供には関係ないですからね。
子供と一緒にマブヤーショー見たり、
歌ったり、踊ったり楽しんでます。

私もマブヤーファンは、変わらないですし応援しています。

matayoshien, 2012/07/23 3:05 PM

>H,Wさん

もう3年も前のエントリに今もコメント付くというのは、改めてマブヤーは凄いなぁ、と思う次第です。
基本的に、マブヤーは本エントリ以降もどんどん知名度があがり、映画化もされ、もはや私が応援しようがしまいが関係ない程のネームバリューなので、応援団的な事はしなくても良いのかなぁ、という感じですね(^^)