smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
recommend
フィルムコミッションガイド
フィルムコミッションガイド (JUGEMレビュー »)
長島一由
遂に発行された、現在国内唯一のフィルムコミッションと地域活性に関する情報をまとめた書籍。著者の長島一由氏は元逗子市長。FCについて知りたい人は是非ご一読を
recommend
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955 (JUGEMレビュー »)
山里 将人
戦後沖縄の興業(映画館)の事や当時公開された作品等、今となっては貴重な情報がふんだん。国際通り、平和通り、沖映通りと、那覇市内中心部の通りの名前が全て戦後の映画館の名前から付けられたのをこの本で初めて知りました。
recommend
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで (JUGEMレビュー »)
キネマ旬報映画総合研究所
フィルムコミッション関係者にもお勧め。文化ではなく、産業として映画を考える際の資料的な価値もあります。
ブログパーツなど



あわせて読みたい
人気ブログランキング - 又吉演ブログ MATAYOSHI EN BLOG

人気blogランキングへ
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
sponsored links
edit
new entries
categories
archives
recent comment
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (07/23)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    H・W (07/20)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    EN (05/16)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    bb (05/15)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    仲宗根あやの (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    まっは (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    rio (03/27)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (02/22)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

FIAT 500 NAKEDは150万円。これなら充分買う。

忙しい、忙しいと言いつつも。
仕事から自宅に戻り、娘を寝かせた後は、やっと自分の時間。
ネットサーフィンで車関係の情報サイト見ながら遊んでるウチに夜中の3時ですよ(笑)

いけませんね。
仕事に支障が出ないようにしないと。

で、昨日見つけた驚愕の事実。
最近「こればっかり」のFIAT 500関連ネタ。

FIAT 500は、現在日本で発売の始まった
1.2 8V LOUNGE SS(特別限定仕様)
1.2 8V LOUNGE(既に品切れとの噂)
以外に、本国イタリアでは
1.2 8V POP
1.4 16V SPORT
が発売されています。
国内でも、「1.2 8V LOUNGE」が品薄なので、既に「1.2 8V POP」の予約も始まっているらしいのですが、アルファロメオ沖縄の担当者曰く、夏には他の仕様も出てくるでしょう。という事なので、POPもSPORTも年内にはリリースされるでしょう。
ABARTHも出るという事で、そちらはそちらで楽しみ。

で。
あんまり話題に上ってこないグレードで「NAKED」(ネイキッド)というのがあります。
POPよりさらに下のグレードの廉価版で、POPよりもさらに仕様が絞られますが、お安いという話。

ネットで検索すると、FIAT 500を作っている工場のあるポーランド(イタリアでは作ってないんです)に、NAKEDに関する情報が出てました。
(ネットって、ホントに便利だななぁ)

この記事がそれ。
http://www.samar.pl/__/__la/en/__ac/sec,4/new/14936/__Poland-Fiat-500-starts-at-PLN-34-500.html

34,500PLN(ポーランドズウォティ…そんな通貨があったのね)
googleで金額入れると、即座にレート換算した日本円が出ます。
(ネットって、ホントに便利だななぁ)

そのお値段、約150万円也。

うおおおおおお!安いいいいい!
これなら、俺、迷わないっすよおおおお(T_T)

記事から解ったのは

・夏に出る
・エアバッグがPOP以上のグレードは7つですが、NAKEDは2つ
・1.2L、69psは同じ(っつーことは8Vですな)
・パワステ、ABS+EBDあり
・ステアリングアジャスターあり

とのこと。
…えーっと。これでもいいかも。150万なら。

英語版のWikiだと
http://en.wikipedia.org/wiki/Fiat_500

『A fourth more basic model called 'Naked' may be put on sale, although it is doubted whether it will be available in all markets.』
テキトー訳
『廉価版のネイキッドは発売されるかもだけど、各国でってワケじゃないと思うよ』
ってな感じ。

POPが日本国内でも190万での発売なんで、NAKEDの日本発売は超無理っぽいけど、160万くらいで出してくれると、個人的には嬉しいなぁ…。

そうそう。
日経トレンディネットの試乗レポートに、FIAT 500の動画試乗レポート出てました。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080324/1008362/

走ってるの見てもいいなぁ…。

at 13:00, Matayoshi En, クルマ関係

comments(0), -

Alfa Mi.Toも気になる

FIAT 500のデビューとABARTHの復活で、コンパクトなイタリア車好きの僕としては、買える買えないはさておき、妄想しては(笑)楽しんでいる毎日ですが…。

アルファロメオから、Mi.Toなるマシンが発表ですよ。
写真見たら、そのキュート&クールなデザインに「むぅ」とうなってしまいました。

Alfa Mi To フロント

記事
http://www.carview.co.jp/news/0/67728/
http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000018508.html

8Cのデザインを継承とか言われてますが、ぱっと見、僕は個人的に「ウルトラマンに似ている!」と思ってしまいました(笑)良い意味で。

ちなみに、ダイハツコペン(何度か試乗したけど、いい車。素直に欲しくなる)は「仮面ライダーに似ている!」と思いました。
子供の頃の憧れのヒーローに似ているデザインは僕の中では評価プラス査定です(笑)

FIAT 500は、かわいくてキュート。ABARTHはちょっとキュートだけど、ちょっとじゃじゃ馬。
グランデプントは大人な感じで、そのABARTHはクールな感じ。
Mi.Toはそのどちらの要素も持っている感じ。
素直に、良いデザインだと思いますし、「アルファロメオ」というブランドも、素直に憧れます。

アルファ147の下位車種で、エントリーモデルという位置づけ。グランデプントベースだから、グランデプントアバルトとの価格差が気になるところ。
海外のサイトの記事によると
http://www.edmunds.com/insideline/do/News/articleId=125194

1,6000ユーロ、25,000USドルくらいの価格という話もあるので、日本円だと250万前後になるかな?グランデプントアバルトは恐らく300万前後でしょうか。FIAT 500アバルトは戦略的には350万くらいのプライスにするような気がする(それでも売れそうだし)

となると、俄然、費用対魅力でMi.Toも多いに妄想を刺激してくれる存在となる訳です。

Mi.Toスパイダーも噂されていますね。2009年の夏とかなんとか
http://www.autoblog.com/2008/03/21/rendered-speculation-alfa-mi-to-spider/

「現代版のアルファスパイダーデュエット」という噂ですが、アルファはブレラ、8Cにスパイダー(オープン)モデルを既に出してますから、本当に出るのかは微妙ですね。
2シーターになるのかな?4シーターだとちょっと狭いか。

っつーか、C+Cではなく、大人4人がきっちり座れるコンパクトオープンって、本当に少なくて、輸入車はプジョー307CC、VWニュービートルカブリオレ、MINIカブリオレ、シトロエンC3プルリエル、VWイオスとか、少ないなりにはあるけど、国産は本当にないですよね!

マーチマイクラは少し期待したけど、プジョー206CCより後部座席が狭いと知って肩を落としてしまいました。

2003年の東京モーターショーに出展したスズキのコンセプトS2とか、いったいどうなっちゃったんだろう…っつーか、もう出さないんだろうなぁ…。
http://www.suzuki.co.jp/motorshow2003/automobiles/concepts2/index.html


at 18:39, Matayoshi En, クルマ関係

comments(2), -

絶品チーズバーガーとFIAT500

という訳で、楽しみにしていたFIAT 500が発売。
沖縄でも展示されるという事なので、15日(土)にアルファロメオ沖縄に行ってきました。

と、その前に。

初ものに弱い僕(笑)
丁度昼過ぎ頃にアルファロメオ沖縄に着く感じだったので、その日は昼食も14日に沖縄発売が始まったばかりのロッテリア「絶品チーズバーガー」を食べてきました。

絶品チーズバーガー
絶品チーズバーガー

パティ(ハンバーグ)とチーズは確かに美味い。というか「こってり」してます。
肉食べてる感がありますよ。胡椒とオレガノがきいててスパイシーですし、肉汁も、ブレンドチーズもかなり美味しい。でも、バンズはちょっと僕好みではないかな。
普通のロッテリアのバーガーのバンズの方やわらかくてが好きだけど、もしかしたら、普通のバンズではハンバーグとチーズのこってり味にバンズが負けるのかも。

それと、正直なところ「野菜もソースもいらない!」的なところを「ウリ」にしてるようですが、あまりにもこってり味なので、僕は野菜も一緒に挟んで欲しいと思いました。
トマトとレタス挟んでくれたら、コイツは本当に僕的には最強バーガーかも知れません。

こだわり系バーガーと言えば、以前、モスバーガーの「匠味」を食べましたが、あちらはチーズなしが550円。チーズありが610円。で、今回の絶品チーズバーガーは360円。

正直な所「美味さ」とコストパフォーマンスのバランスでは、絶品チーズバーガーが圧勝ですね。他のメニューで言うと基本的にモスバーガーの方がロッテリアより好きなんですが、「匠味」は一度食べたら「また食べよう」って気にならないですが、絶品チーズバーガーは、また食べたい感じ。ビックマックよりも腹持ち良さそうだし。
お勧め。

さてさて。
絶品チーズバーガーを食べた後、南風原のアルファロメオ沖縄にカミさんと二人で向かった訳ですが(娘は保育園)、

何と、途中の道で目の前を旧(2代目)FIAT 500が走っているじゃないですか!
おお!きっと目的地は一緒だ(笑)!

後ろにつけて走ると、何と、「Fiat Abarth 595」のエンブレム!
おおー!凄いー!
驚きに写真も撮り忘れ(笑)

沖縄にチンクエチェントは3台くらいあるらしいのですが。僕は赤いヤツを発見したのみ。今回が2台目。運転は女性のオーナーでしたよ。

で、アルファロメオ沖縄に到着。
予想に反してFiat Abarth 595は素通りして行きました。
(道間違えたっぽかったです。後で来店してたのですが、New500に夢中で話しかけるのを忘れてしまいました。)

まぁ、Fiat Abarth 595はさておき。
念願のNewチンクとのご対面です。

展示車はFIAT500 1.2 8V ラウンジSS。日本のみの200台限定仕様車です。

FIAT 500 in 沖縄

おおー!やっぱイイ!

カミさんは新しいFIAT500の写真を見て「旧(2代目)の方がカワイイ」と話してましたが、実際にNew FIAT500を目の前にすると「写真で見るよりずっといい。」と微妙に意見が変わってました。直前に実際に走行してる「Fiat Abarth 595」を後ろから見てたので、「でもやっぱ旧がイイ」という意見は変わりませんでしたが、「コレはコレでアリ」みたいな感じ。

僕はと言うと、なりは思ったより大きい。というのが第一印象。
今乗ってるのが軽自動車だから、というのもあるでしょうが。

運転席に座ると、インテリアの高い質感にわくわく。
僕が愛したバルケッタよりは広々な感じ(笑)でも質感は個人的にはバルケッタに似たものを感じます。つやつや感とか。
流石にプジョー306カブリオレよりは狭い。当然ですが。
かなりプレミア感ありますね。展示車は内装も白でしたけど、他の色も見てみたいな。

FIAT 500内装

念のため、後部座席にも乗ってみましたが、広さは全然許容範囲。リアの窓(開かないけど)が気持ち、開放感を演出している感じ。チャイルドシート付けて子供を乗せたり降ろしたりするのは、2ドアは厳しめだけど、まぁ、スタイルとのトレードなのでそこは仕方ないところ。

グラスルーフは、もう少しオープンエアな感じがするかと思ったのですが、全然そんな事はなく(笑)、これはきっと電動のサンルーフ(本国ではオプションあるので、日本も近日中に選べると思う)にしても、開放感はそんなに変わらないなぁ。なら普通の屋根でいいや。と思いました。

荷室は写真を忘れましたが、まぁ「こんなもんでしょ」という感じ。この大きさに対して考えれば広くも狭くもないんじゃないかな?ゴルフとか車で旅行とかもあまりしないので、あまり荷室の広さに拘りないし。必要なら、ハッチバックやルーフにキャリアとか付けてもカワイイと思う。

エンジンルームは、意外にあっさり。
FIAT 500エンジン
「ここにサソリマークが欲しい!」とか思ってしまうのはご愛敬(笑)

ちなみにこの展示車、既に「売約済み」でした。
ディーラーの方とお話したのですが、既に限定のSSが1台。ラウンジが1台の計2台がもう売れたようです。

僕はというと、実際の購入となると、仮にFIAT500を選ぶとしても、このSSではないっすね。安いPOP(190万くらいらしい)に気負わずニコニコ乗るか、アバルト(500でなく、グランデプントアバルトでも可)でウフフフと官能するか。どちらかでしょうね。
でも財布と相談するのがまず先なので(笑)何とも言えませんが。

展示車は満喫したので、今度は試乗したいですね。
本国でも大人気で品薄らしいですし、国内でも馬鹿売れの予感ではありますが、夏までには沖縄にも試乗車お願いしますよっ!アルファロメオ沖縄さんっ!


at 17:58, Matayoshi En, クルマ関係

comments(6), -

FIAT 500の展示車は既に沖縄上陸済みらしいっす





という訳で、3月15日には、FIAT 500(チンクエチェント)が日本発売です。

既にFIATの公式サイトにもページが出来てます。
http://www.fiat-auto.co.jp/showroom_500_index.html

安い方(1.2 8V Lounge)で2,250,000円也ですな。
とりあえず、今そんな金はないので買いませんが(笑)

今乗ってるセルボモード君の車検が来年春に切れるので、その頃までに出来るだけ貯金はしとこうかと(笑)

今後投入予定の「POP」が約190万円前後ではないかという話もありますし。
グランデプントアバルト、500アバルトも1年頃には市場に出てるかな。
今から楽しみ。

ま、それにしてもグランデプントアバルトだって300万円前後だろうし、500アバルトだって、似たような価格帯だろうし、新車買える程の甲斐性は僕にはないんですがね。
新車半額のローンやリース含めて、色んな選択肢をとりあえずは挙げておきたいなぁ。と。

この間、やっと廃車したプジョー306カブリオレのローンが終わったばかりなのですが、新たなローン地獄に向かって、ゆっくりと車を物色中ですよ、はい。

FIATの沖縄正規ディーラー、「アルファロメオ沖縄」に電話したら、展示車輌もパンフレットももう届いているとのこと。という訳で、明日は早速アルファロメオ沖縄行ってみます。うひひひひ。

おっと、検索したらヒュンダイ沖縄&アルファロメオ沖縄のブログ発見。
http://churatb.ti-da.net/
何だ、琉球新報別冊子には3月3日の時点で広告載ってたみたいですね。
チェックしてなかったよ。

下のブログパーツ、「Play」ボタンを押すと楽しい感じですよん。



チンクエチェントが登場する映画と言えば、「ルパン三世 カリオストロの城」が有名ですが、「グランブルー」のチンクエチェントも良いっすよ。FIAT 500好きはモチロンですが、映画としても面白いので、未見の方は是非。

at 17:40, Matayoshi En, クルマ関係

comments(2), -

New FIAT 500 Cabrio やばめ。

1年近くしか乗れなかったプジョー306カブリオレと別れて、「とにかく早急に」移動手段が必要だったので、「とりあえず」15万ポッキリで購入したスズキセルボモードではありますが、既に心は次の車の購入へといっています(笑)

で、現在、僕の心を翻弄しているのが、イタリアで発表されたばかりのNew FIAT 500です。



まぁ、スズキセルボモードちゃんは、気を遣わず色々遊ばせてもらおうとも思っていますが、逆に言えば、その間、金の算段もつかぬまま、「あの車がいーかなー、この車もいーよなー」とか妄想して遊べる訳で…

ま、この手の話、女性は理解出来ないとか言うのですが、女性にとってのキッチンに近いんじゃないかな?と言えば、納得してくれる人もいるでしょう。

実を言うと、FIAT 500(チンクチェント)は僕が高校生の頃、まだ免許も持っていなかった頃に憧れていた車です。車雑誌で見てそのデザインに惚れこみました。


「ルパン3世カリオストロの城」でもこの車は登場(結構有名)そのスタイルにぐっときて、んで、その頃「アバルト」を初めて知り、近くのカーショップに言って、アウトビアンキA112アバルトの実車とか見せて貰って、エンジン音にときめいたものです。


もちろん、免許のない僕にとっては雑誌の中の憧れの車。

エンスー系の雑誌を見ながらチンクチェントもいいし、アウトビアンキA112もいいけど、FIATムルティプラもいいよなー、こっちの方がいっぱい乗れるし。とか妄想したり…。



ムルティプラは、高校卒業して東京行った頃、築地と晴海の間あたりの道路沿いのガレージにいつも駐車してるのをバスで発見して、よく途中下車して実物見たっけ。

時はちょっとだけ過ぎ、FIAT 500に再会したのは映画の中。
(あまり指摘する人はいませんが)リュックベッソン監督の映画「グラン・ブルー(グレート・ブルー完全版)」で、ジャン・レノ演ずる「エンゾ」の愛車がFIAT500でした。
ボロボロの白に近いライトブルーのFIAT 500(ドアだけ赤)は、ストーリーの途中で赤くオールペイントされるのですが、その赤いチンクチェントが何とも素敵でした。

しかし、実際に購入を検討するには当時200万〜300万のプライスタグやクーラーがない事実や、ホントの所、後部座席に大人は乗れないという話が邪魔をして、高値の花のまま。

憧れの車もいつしか忘れ…。
結婚して免許を取って買った車は(ぶつけてボロボロになってもカッコ悪くないという理由で)パジェロミニだったし、離婚してFIATバルケッタを購入するまでは、正直、車とは疎遠に。

で、バルケッタで目覚めた「欧州車サイコー!オープンカーサイコー!」なノリは、再婚して子供が産まれ、4シーターに乗り換えなければならなくなっても、プジョー306カブリオレの購入へと進みました。

という訳で、途中の空白はあるものの、それこそ高校生の頃からの夢のFIAT 500が50年ぶりに復活。
そもそもトレピウーノという名前でモーターショーに現れた時から、ドキドキしながら動向を見守っていました。

新FIAT500は、もちろんクーラーも付いてるし、何とか後にも乗れそう出し、安全装備も付いてるし、何よりデザインが旧500を踏襲していて、かなりぐっと来ます。

今度の東京モーターショーでは「アバルト」も登場との噂。

いーなー、欲しいなーとは思いつつも、バルケッタで目覚めてしまったオープンカー愛。
一応、電動スカイルーフ仕様もあるのだけど、屋根がちょこっと開くのとガバっと開くのは違うよなぁ…。うーむ…とか思ってたらあなた!

「Car MAGAZINE」やネットで情報収集してたら
カブリオレも予定してるそうではないですか!

カブリオレが出るなら流行りのメタルトップでなく、絶対幌がいい!
だって、メタルトップだと、その分後部座席のスペースが削られて2シーター化してしまうから。マーチ・マイクラC+Cも詳細知るまでは凄い期待してたけど、プジョー306CCより後部座席狭いと知ってがっかり。しかも250万って…高いっす(;_;)

と思って見たら、これですよ!





幌のカブリオレではないですか!
詳細:http://www.infomotori.co.uk/a_17_EN_20304_4.html
このまんま出るかどうかは不明ですが、ヤバイ!ヤバすぎです!

これは僕に「買え!」と言っているようにしか見えません!


んー。
でもなー、価格設定高そうだよなぁ…お財布がなぁ…。

New FIAT 500アバルトの方が安いかなぁ…。
とりあえず、ベースになったFIAT PANDAも「Tipo」の記事見て気になってるし…
FIAT PANDA 4×4で、沖縄の海や山を家族でドライブも楽しそう。
新も旧もどっちもいい感じ。
旧の最終型なんて今かなり安いもんなぁ…。新型も160万からあるし…。

PANDA100HPも日本導入の噂あったけど、日本での販売はないのかなぁ…。

ここは割り切って、試乗してとっても良かったスズキスイフトとか。
スイフトベースでクロスSUVのSX4とか(FIATと共同開発だし!)で家計を重視する方向もあるよなぁ…。

うーむ…。

お。アウトビアンキも復活かも!?
詳細:http://www.infomotori.co.uk/a_911_EN_19617_1.html


そうやって、僕の夜は更けていくのでした(^_^;)
楽しー!




at 23:46, Matayoshi En, クルマ関係

comments(8), -