smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
recommend
フィルムコミッションガイド
フィルムコミッションガイド (JUGEMレビュー »)
長島一由
遂に発行された、現在国内唯一のフィルムコミッションと地域活性に関する情報をまとめた書籍。著者の長島一由氏は元逗子市長。FCについて知りたい人は是非ご一読を
recommend
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955
アンヤタサ!―戦後・沖縄の映画1945‐1955 (JUGEMレビュー »)
山里 将人
戦後沖縄の興業(映画館)の事や当時公開された作品等、今となっては貴重な情報がふんだん。国際通り、平和通り、沖映通りと、那覇市内中心部の通りの名前が全て戦後の映画館の名前から付けられたのをこの本で初めて知りました。
recommend
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで
映画プロデューサーの基礎知識―映画ビジネスの入り口から出口まで (JUGEMレビュー »)
キネマ旬報映画総合研究所
フィルムコミッション関係者にもお勧め。文化ではなく、産業として映画を考える際の資料的な価値もあります。
ブログパーツなど



あわせて読みたい
人気ブログランキング - 又吉演ブログ MATAYOSHI EN BLOG

人気blogランキングへ
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
sponsored links
edit
new entries
categories
archives
recent comment
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (07/23)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    H・W (07/20)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    EN (05/16)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    bb (05/15)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    仲宗根あやの (03/30)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    まっは (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    matayoshien (03/27)
  • 今帰仁村観光協会で賃金職員募集です
    rio (03/27)
  • 琉神マブヤー外伝SO!ウチナーが、僕らのヒーローでなくなった理由
    matayoshien (02/22)
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

プロデューサーワークショップのテスト

 超久しぶりにブログなんか書いちゃいます。
1年ぶりでした(^^)

3年前にもプロデューサーを育てるためのワークショップを行ったのですが、今帰仁へ移住する事になり、しばしお休みしていました。やっと落ち着いてきたので再開。
ひとまずは名護で開催の予定。3月か4月には那覇でもやりたいですね。

そもそも、何故、プロデューサーのワークショップなんかやるのか?は、2011年のブログ・エントリーをご参照下さい。
http://matayoshien.jugem.jp/?eid=410

さてさて。
又吉演のプロデューサーワークショップってどんな感じなのか、参考までに触りをちょっと。
下の画像の「テスト」は又吉演のプロデューサーワークショップを始め、何度か色んなセミナーでも使ったりした私が考案したテストです。

このテストは「考え方」を変えてもらうためにやってもらいます。

「方法は一つではありません。特にルールはありません。持っているものは使って結構です。人に聞いても構いません。」

と私が言って、受講者にやってもらいます。

まずはチャレンジ!


では、答え合わせと、謎解きを始めましょう。

問題1の、1+1の答えは、素直に2です。
小学生の問題ですね。
クイズやなぞなぞだと思って深読みしてしまう人もいます。

問題2は、答えが一つではありません。
足して答えが3になるので、0と3でも、1と2でも、それぞれの逆でも構いません。
正数という制限もしていないので、−5と8でも構いません。

問題3が問題です。こちらも答えは一つではありません。
5になるためになら、1+2+2でもいいですし、10−5でもいいです。
殆どの方はここに数式を入れます。
でも、気づいて欲しいのは、私は数式を入れなさいとは言っていない点です。
スマップの現在のメンバー数。でも実は正解ですし、
現在の巨人のF.セペダの背番号でも、視覚や聴覚等の感覚をまとめて「何」感というか?
でも良いのです。

この問題1〜3は、私達の小学生の頃からの問題と答えのあり方を表しています。

問題1は小学生の頃の私達です。私達は学校で、「一つの答え」しか出ない問題を与えられ、それを解きます。
中学生、高校生と大きくなると、より複雑になり、「複数の答え」が考えられるようになります。問題2の状態です。しかし、それでも答えは「有限」です。正解と不正解があります。

問題3は、学生でなくなった私達です。
私達は「結果」を求められます。
まず学生を終えると「仕事を探しなさい」と親や身内から言われ始めます。仕事をしたら仕事をしたで「売上を伸ばしなさい。」だったり、「納期までにお客様が求めるものを作りなさい」だったり、上司やお客様から結果を求められます。
仕事がうまくいっても、周囲は結果を求めます。「結婚はまだなのか?」「子供は作らないのか?」結婚しても子供を作っても、周囲は結果を求めます。「家はどうするのか?」「子供の教育は?」「老後はどうするのか?」等など。
しかし、例えば「仕事を探しなさい」とは言っても、どういう仕事がいいのか?どのように探すのか?等の話になると、周囲の答える人によって、全然違う事を言ったりします。
「誰に聞いても同じ答え」ではなくなるのです。

学生の時は「有限の答え」の中の正解を探せば良かったのですが、学生を終えると、途端に選択肢が無限になります。無限の答えは、無限の正解と無限の不正解があるのです。
もはや正解なのか不正解なのかさえ曖昧です。

トッピングが1万種あるカレーやアイスクリームを想像して下さい。その中から納得出来る一つを選ばなくてはいけませんが、全部を試す時間やお金はありません。1万種でも呆然としてしまうでしょう。無限となると…気が遠くなります。

私達は学生の頃「失敗しないこと」「間違わないこと」が良いと思っていました。
先生は授業では「間違ってもいいよ」と言いましたが、テストで間違うと、「間違わないようにがんばりましょう!」と言いました。建前は間違っていいけど、本音は間違ってはダメなんだな。と私達は理解しました。
しかし、それは、正解が一つだったり、あっても有限…しかも、そんなに多くない場合です。
無限の正解と無限の不正解の中では…「失敗しないこと」「間違わないこと」は単なるラッキーのようでもあり、神業のようでもあります。

私は個人的に大人になった私達には結果論しかない。と考えています。
勝った時に勝因を分析したり、負けた時に敗因を分析したりは出来ますが、結果を見て辻褄を合わせているだけの気がしてなりません。
子供が東大に入れば「良い子育てをした」と言われるかも知れませんが、その後、犯罪したりすれば「子育ては失敗だった」と言われるでしょう。どの時期で判断するか?によっても結果の見え方は全然変わっていくのです。ならばやはり、事象としては原因があって結果があっても、私達の考えや理屈は結果があって、原因を用意しているとしか思えません。
理屈でなく感情が「好き」に分類したものを、整合性を保つために「コスパいいから」とか「こういうの前から好き」とか理屈付けしているような気がするのです。

さて、ここで重要なのは、私の正解があなたの正解のなるとは言えない。
という点です。
すべてのHOW TO本やセミナーや自己啓発等、鵜呑みにしてはいけません。それは著者のやり方でしかないし、「成功の秘訣」を書いている人が「本当に成功しているか?」とか「幸せか?」というのは、正直、結構怪しいものです。高級車に乗っている著者の写真とか、あなたも年収何億!とか書いてあるのは、正直、胡散臭いと私は思いますよ。

私のこのワークショップでは、私が教える全てを、まず疑ってかかって下さい。

私は私の成功体験に縛られていますし、私は私の経験や見聞きした狭い見識でしか話せません。
正解を決めるのはあなたです。私ではありません。
「売上を倍にする」という答えを得るために、1軒1軒飛び込み営業して倍にした人もいれば広告を打って倍にした人もいます。方法は無限です。誰かの方法を真似してもいいし、真似しなくてもいい。私の教える方法は、「そういうやり方もある」とか「以前、又吉さんはそういうやり方で通用した」くらいに思って、私の方法よりももっと洗練された、あなたなりの正解を考えて下さい。

問題4はジョークみたいなものです。
元ネタを知っていれば…SFとか好きなら…すぐに解るでしょう。

私ははじめに「持っているものは使っていい」「人に聞いてもいい」と言っています。
あなたのポケットにはスマートフォンや携帯があるはずです。それを使えばいいのです。
グーグルで「人生、宇宙、すべての答え」と検索してみて下さい。

はい。


答えは「42」です。

21世紀の最大のツールであるネットとスマホを、もっと活用して下さい。何故42なのか?という理由もググればすぐに分かります。

私のワークショップでは、常に検索OKです。気になる言葉やわからない言葉があれば、検索して下さい。私の説明よりも詳しい情報が得られます。私自身も、ど忘れしたら検索するので許して下さいね。ネットは既に「無限の答え」のようでもあります。もちろん、ネットで検索出来ないこともまだまだ多いのは事実ですし、ネットなら何でも出来るとは言いませんが、いい道具があるのに使わない手はありません。



…といった感じでワークショップは行われます。

興味のある方は是非、受講を検討してみて下さい。
場所はどちらも名護市産業支援センターです。

2月22日(日)はこちらhttp://www.narayun.jp/seminar/detail.php?id=5964
3月8日(日)はこちらhttp://www.narayun.jp/seminar/detail.php?id=5965


at 22:00, Matayoshi En, 日記・メモ

comments(0), -

クレバーであれ。寛容であれ。

 皆が意識しているのかしていないのか。
良くは分からない。

しかし、もはや戦後ではなく戦前なのではないか。
という思いは日々膨らんでいく。

「寛容な心」を忘れてはいけない。

夜中も明け方までもダンスしてもいいじゃないか。
既にゾーニングされているスケベな漫画ごときで、騒がなくても良いじゃないか。

そうやって「自由」が減っていく。

ネットはバカやミスの狩り場が増えた。

バカはいつの世にもいたじゃないか。
ミスしない人など、いないだろうに。
バカがバカな事を発信したからといって、
あなたに直接迷惑がかかる訳ではないだろうに。

そうやって、寛容さが減っていく。

人に厳しく。
周囲に厳しく。

そうやって、自分の首を締めているから苦しくなるのに。

クレイジーであれ。
とジョブスは言った。

バカを殲滅するとイノベーションは生まれないんだぞ?
だから寛容であれ。

そしてさ。
短絡的でなく、もっと長い視野で考えて欲しい。

今、儲かるから。とか、今便利になるから。とかじゃなく。
孫の代にどうしたいか?って話なんだ。

その意味でクレバーになって欲しい。

クレバーであれ。寛容であれ。


at 18:31, Matayoshi En, 日記・メモ

comments(0), -

弱虫でもいいけど、卑怯者にはなるなよ

資料を整理してたら、昔書いたのが出てきた。

なんとなく、アップしてみる。

「弱虫でもいいけど、卑怯者にはなるなよ」

お金のせいにするのは簡単だね。
お金がないから自分は出来ないのだ。金さえあれば出来るのだ。

時間のせいにするのは簡単だね。
時間がないから自分は出来ないのだ。時間さえあれば出来るのだ。

家族のせいにするのは簡単だね。
家族がこうだから自分は出来ないのだ。家族が変われば出来るのだ。

会社のせいにするのは簡単だね。
会社がこうだから自分は出来ないのだ。会社が変われば出来るのだ。

市町村や都道府県、国のせいにするのは簡単だね。
国がこうだから出来ないのだ。自分も外国に生まれていれば出来たのだ。

時代のせいにするのは簡単だね。
今の時代だから出来ないのだ。違う時代に生まれていれば出来たのだ。

そうやって
変化しない自分、工夫しない自分に
もっともらしい言い訳しててもいい。

君以外の何かが悪いのだ。
逃げていいんだ。

皆がマッチョになる事は無理だし、そんな必要は一つもない。
皆が変革者である必要もない。

いやむしろ
社会を支えているのは、変革者ではなく
変革者をジャッジして受け入れたり
拒否したりする人々の方だとも思う。
楽で簡単な方を選ぶのは
ベストかどうかは知らないけど、ベターな気はするよ。

誤解しないで欲しい。
嫌味じゃないんだ。
本気でそう思ってる。

成功と幸せは違う。成功する必要なんてないよ。
環境が許すのであればニート最高だと思う。

「夢を持て」とか「働け」とか「結婚しろ」とか「家庭を持て」とか「子供産め」っていう言葉は彼らに都合の良い社会を構築するための洗脳の言葉で、彼らは無自覚にそれを広げてるだけ。

新興宗教やねずみ講の勧誘と同じだよ。本質は。
搾取する人がいて。
搾取される人がいて。
搾取される人は更に搾取されるメンバーを勧誘してく。

僕だって、言い訳いっぱいして逃げた。
何度も逃げた。
自分がやった言い訳なんだから、他人にやめろと言う気はないよ。

弱虫でいい。
言い訳していい。


…ただね。

自分に言い訳しないで、変化して、工夫して…そして失敗してしまった者を笑うなよ。
「そら見た事か」なんて訳知り顔で言うなよ。

それは卑怯者のする事だ。

弱虫でもいいけど、卑怯者にはなるなよ。


at 17:04, Matayoshi En, 日記・メモ

comments(0), -

Twitter連携解除

思うところあって、 Twitterの連携解除しました。

んでFacebook連携を開始。

しばらくまとまった文章を書いてないですが
何だか、このところ複数方面から

「もうブログ書かないんですか?」

的な質問されたりして…。

こんなブログでも読んでる人いるなら、
ちょっと時間作ってでも、また書こうかなぁ。

と。

思っている矢先にGoogleは
Googleリーダーのサービス終了っていうし…。

何だかな(^_^;)


at 13:47, Matayoshi En, 日記・メモ

comments(0), -

成功と運と感謝と義務

 ある一定の若い世代なら、国内の誰もが知っているようなバンドのボーカルの人と、たまたま酒席でご一緒させて頂いた事がある。

彼も酔ってたし、僕ももちろん酔っていた。

僕はそのバンドの人気度は知っていたが、僕自身はそのバンドを嫌いではないにせよ、好きでもなかったし。沖縄フィルムオフィスで働いていたせいで、芸能人耐性(?)が出来ていたので、キャーキャードキドキするようでもなく。普通に普通の人と飲むように飲んでいた。

んで。

僕には東京で全然売れないバンドをやっている弟がいるもので(笑)
別に、売れなきゃ売れないで構わないのだが、どうやって売れたのかというのにちょっと興味があり、せっかくの機会なので、その人に単刀直入に聞いた。

どうやったら売れるんですか?

その人の答えはこうだった。

「売れてない人はね。努力が足りないんですよ。
俺の知る限り、売れてないって言っている人は本当に努力が足りない。
だから売れないんですよ。
俺らは本当に、人が引くくらい、半端なく努力してるんですよ。
わかんないかも知れないんですけどね。」

ほう。ウチの弟が売れないのは努力してないからか。なるほどな。
いや待て。ならば、努力すれば売れるのか?
そこに「運」は結構大きなファクターとしてある気がするんだが…違うのだろうか?
ゴッホは死んでから売れたが、って事は努力は足りていたのか、不足していたのか?

他方。

以前、テレビでスマップの中居君が

僕、運がいいと思っているんです。
僕は歌も下手だし、僕よりいい男世間にはいっぱいいるし
ダンスは好きですけど、僕よりダンス上手い人もいっぱいいる。
僕はたまたまスマップのメンバーに選ばれたんですけど
本当に運がいいと思っているんです。

と言っていた。

僕の知る限りの話でも
僕の感性から見てもの凄く才能があり、しかも、色々頑張っているのに売れない人。
という人はいた。そういう人は、色んな事情で「継続」が難しくて、あきらめていった。

僕は割と夢を実現出来た人生を歩んでいる。と自分では思っている。
今のところ、大スターでもないし、大成功者でもない。
けど、周囲には僕を評価してくれる人達がいっぱいいるし、
僕自身、期待に応えようと頑張っている。
世界一の素晴らしい妻と、かわいい娘と、沖縄で一番美しい村に住んでいる。
それは僕が努力したから…というより、
運が大きなファクターな気がする。

少なくとも戦地や貧民街に生まれていなかった事や
生まれつきの体の疾患等がない事は
努力ではなく運による。

なので、僕は感謝が大事だと思っていた。
が、今日マイケル・ルイスさんのプリンストン大学卒業スピーチの紹介ブログを読んで、ちょっと考えが補足され変化した。

kingink:『「マネーボール」の作者のスピーチ』

「もし成功を手にしたのならば、あなたには幸運があったことを認識しなさい。そして幸運には義務がついてきます。あなたは借りがあるのです。神様だけにではなく、不運な人たちにあなたは借りがあるのです。」

そうか。感謝だけでは足りないな。
義務がある。

うん。納得。



at 23:53, Matayoshi En, 日記・メモ

comments(0), -